行政書士的見解からの視点
行政書士であるHIMEさんが行政書士的立場からの考え方、意見など、毎日の出来事などを交えて、綴ってみたいと思います。行政書士でないと考えつかないこともあるかもしれません。どうぞお楽しみに!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新公益法人制度への移行について

     ブログランキングに参加しています。
  コチラ  順位を確認してみる!! 


【新公益法人制度について】
皆様、こんにちは。
今日はまもなく改正される新公益法人制度について見てみたいと思います。
従来の法人制度から、この12月に新制度へと移行します。その中身とはまず現行では法人の設立は各省庁の許可により、また公益性の判断は各省庁の自由裁量となっていました。これが登記だけで公益法人の設立が可能になります。

平成20年12月(予定)から施行される新公益法人制度では、登記だけで公益法人の設立が可能になります。ただし、公益性があるかどうかは有識者による委員会の意見に基づき、総理又は知事が判定します。
  
だいたいの概要は以下のとおりです。
・一般社団・財団法人の設立

名称中に「一般社団法人」に「一般財団法人」という文字を使用します。

一般財団法人は、純資産300万円以上で設立可能

遺言でも設立可

設立には社員が2名以上必要です。

財産保有規制はありません。

定款を設立時社員が作成して、公証人の認証を受け、設立登記します。

公益認定をうけても法人格は一般社団・一般財団法人
(例えば「一般財団法人のみ許可する」という法があった場合、それは公益認定された財団法人にも及ぶ)

・新制度への移行
現行の公益法人は特例民法法人とし、
2008年12月1日の法律完全施行日から5年以内に新制度に移行

5年以内に何もしなかった場合は、解散となる

今後また忙しくなりそうですね。


メール(会社・法人設立・相続、その他)相談はコチラ  


姫野法務事務所もよろしくお願いします!


バナ


ランキング、応援クリックよろしくです。


ランク










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。