行政書士的見解からの視点
行政書士であるHIMEさんが行政書士的立場からの考え方、意見など、毎日の出来事などを交えて、綴ってみたいと思います。行政書士でないと考えつかないこともあるかもしれません。どうぞお楽しみに!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相談ごと・・・

     ブログランキングに参加しています。
  コチラ  順位を確認してみる!! 


【相談事】

こんにちは。毎日暑いですね。
さて、今日はこの前、とある人から
相談を持ちかけられた、
遺言について、ちょっと触れてみたいと思います。

まず、私たちが一般に言う、遺言は下記の普通遺言
ということになります。

普通遺言書の種類

■自筆証書遺言
最も簡単な遺言書の方式で、費用をかけずに作成することができます。
証人が不要なので、作成やその内容について秘密にすることができますが、
法律の定めに違反していたり、内容があいまいな場合には
遺言が無効になる場合があります。
この方式の場合は、必ず家庭裁判所で検認を受けなければなりません。
その際、各種書類を取り揃え、相続人または代理人が出頭しなければならないので
、遺言書の作成は楽でも、その後の処理に手間がかかります。


■公正証書遺言
公証人が遺言者から遺言の内容を聞き取って、公証人が作成する方式です。
遺言が無効になることや、偽造のおそれもありませんので、
相続開始の際に家庭裁判所の検認も要りません。
また、原本を公証人役場で保管するので紛失しても再発行してもらえます。
公証人役場の手数料と、作成の際の証人が必要になります。


■秘密証書遺言
ほとんど使われることはありませんが、遺言の内容を誰にも
知られたくない場合に使われます。
内容は秘密にできますが、作成後にそれが秘密証書遺言であることを
公証人と証人に証明してもらわなければなりません。


このように、それぞれメリット、デメリットがあるので
その人の事情によって一番よい方式を採用すればいいのでないかと
思います。




メール(会社・法人設立・相続、その他)相談はコチラ  


姫野法務事務所もよろしくお願いします!


バナ


ランキング、応援クリックよろしくです。


ランク








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。