行政書士的見解からの視点
行政書士であるHIMEさんが行政書士的立場からの考え方、意見など、毎日の出来事などを交えて、綴ってみたいと思います。行政書士でないと考えつかないこともあるかもしれません。どうぞお楽しみに!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成21年度行政書士試験


     ブログランキングに参加しています。
  コチラ  順位を確認してみる!! 


【平成21年度年度 行政書士試験】


平成21年度行政書士試験 試験案内

試験概要
(1)  受験資格
 年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます。
(2)  試験期日
 平成21年11月8日(日) 午後1時から午後4時まで
(3)  試験の科目及び方法

①  試験の科目
試 験 科 目 内   容   等

行政書士の業務に関し必要な
法令等(出題数46題)  憲法、
行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、
行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、
民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、
法令については、平成21年4月1日現在施行されている法令に関して出題します。
行政書士の業務に関連する

一般知識等(出題数14題)  
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

②  試験の方法
※  試験は、筆記試験によって行います。
 出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」
は択一式及び記述式、 「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式とします。
記述式は、40字程度で記述するものを出題します。


大分県の場合、別府大学で行われるようですね。
現在その試験監督員を募集しています。
監督員さんも受験生も精一杯頑張って欲しいものです。


メール(会社・法人設立・相続、その他)相談はコチラ  


姫野法務事務所もよろしくお願いします!


バナ


ランキング、応援クリックよろしくです。


ランク








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。