行政書士的見解からの視点
行政書士であるHIMEさんが行政書士的立場からの考え方、意見など、毎日の出来事などを交えて、綴ってみたいと思います。行政書士でないと考えつかないこともあるかもしれません。どうぞお楽しみに!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メール相談(遺言・相続)

     ブログランキングに参加しています。
  コチラ  順位を確認してみる!! 


メール相談
12月もいよいよ後半に突入しました。今年もあと、1週間程度で終わりですね。今年もいろいろとありました。皆様はどういう年でしたか?さて、今日は最近のメール相談について書いてみたいと思います。最近来る相談メールの中でも、やはり一番多いのは相続、遺言関係みたいです。時代を反映しているのかもしれません。最近来た中で見てみると、例えば、遺産相続で祭祀継承者に係る費用(法事、その他関連)を相続費用としてそれらを別個に差し引くことができるかどうかという問題です。これは難しい事例だと思います。というのも最高裁判例ではこれら費用は祭祀継承者の自己負担だとする事例もあるからです。しかし、その地方の慣習なども考慮して決めるべぎてはないかと思っています。普通一般では、他の相続人の同意があれば、その費用も相続費用として挙げているようなので、これらを差し引いた後、相続するということです。これら相続・遺言は今後も多くの相談があると思います。皆様はどうでしょうか?

メール(会社・法人設立・相続、その他)相談はコチラ  


姫野法務事務所もよろしくお願いします!


バナ


ランキング、応援クリックよろしくです。


ランク


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。